Building a Love Relationship with Deptford Market Through Meat and Fish (working title)

 
deptford-1

….

Building a Love Relationship with Deptford Market Through Meat and Fish (working title)

..

Deptford Marketとの恋愛関係の構築。肉と魚を通して(仮題)

....

....

research-based installation, journal and map

autumn 2019

Material

  • Deptford Market area

  • Paper map

  • Online documents (text, photography, audio and video)

  • Paper documents (text, photography)

  • Kakinoki (as a document the participants can talk with, and a medium through which the participants can start building relationships with the local people)

  • Vinyl lettering (for the text on the wall)

  • Speakers

  • Photographic papers

  • Projector

in Deptford, London (the exact exhibition space is to be announced later on)

..

リサーチ・ベースのインスタレーション、日誌、地図

2019年秋

素材

  • Deptfordマーケットエリア

  • 紙の地図

  • 展示会場の壁(テキスト、写真、オーディオ、ビデオ)

  • オンライン資料(テキスト、写真、オーディオ、ビデオ)

  • 紙資料(テキスト、写真)

  • Kakinoki(対話することのできる資料、あるいは参加者が地域の人々との関係性を築き始めるための媒体)

  • カッティングステッカー(壁のテキスト用)

  • 写真用紙

  • プロジェクター

  • スピーカー(ステレオ)

Deptford(ロンドン、展示会場は後日発表予定)

....

....

Abstract

While having the exhibition space as its base, the work unfolds by the audience entering into the streets of Deptford. During the production, Kakinoki learns about the Deptford Market area and the histories behind it through meat and fish. By regarding the process of visiting, eating, meeting and knowing the area as the act of building some sort of love relationship between a person and the place, he practises, observes and produces a journal about the act. To make the journal documents function as the 'entries' for the audience to start building their relationship with the Deptford Market area at an arbitrary pace and in an arbitrary way, he designs the way to present and provide the documents.

The way to present and provide the documents

On the wall of the gallery, the beginning of his and the audience’s story of building a relationship with the Deptford Market area will be depicted in the form like a journal or blog.

With the text printed on the wall, printed photographs (on photographic papers) and small projection of a video between the text blocks, and small environmental sounds from speakers, the wall becomes the embodied prologue of the digital journal. It leads to the pile of physical maps (printed on a coloured paper) nearby, then to an individual journey in the area.

The event participants pick up the map. Throughout the day, Kakinoki can recognise the participants by the map. The participants can access the journal-like digital materials via online (or app).

No route or schedule for the participants to take will be given at the event. Kakinoki's route and shcedule will be shown on the map, but it's up to individuals if they want to accompany him.

Significance

  1. Deptford Market Yard is the commercial area with stylish new shops, which construction was completed in 2016. The intense contrast between it and neighbouring Deptford High Street with a history of centuries is the symbol of continuing gentrification in London. This project attempts to grasp the ongoing changes of the area as a case study about the possibility of the coexistence of the commercial gentrification with the aim of neighbourhood revitalisation and the historical culture of the targeted place

  2. This project explores an alternative form of connection in the present age where the increase of socially lonely people is an issue. In the UK, loneliness is its national concern. A study by The Co-op and the British Red Cross in 2016 reveals over 9 million people in the UK across all adult ages are either always or often lonely. Loneliness affects people of all ages and from all backgrounds. When being lonely becomes chronic, it can grind us down, affecting our health and wellbeing and damaging our ability to connect with others.

  3. The idea of LGBTQ has widely spread, and there are no longer predefined normal or natural relationship and sexual forms today. But still, we have a number of tacitly approved relationship and sexual norms. While in a specific community, people actively discuss such norms (for example, the discussion about mononormativity at the community of polyamory), the opportunities to talk together about such norms across communities are limited. This project produces the occasions for having a conversation about the present and future of relationship and sexual norms in a more open way.

..

概要

作品は展示会場を拠点とし、Deptfordの街に鑑賞者が入っていくことで展開される。Kakinokは制作過程において、Deptford Marketエリアの現在と歴史について、肉と魚を通して学んでいく。訪れ、食べ、出会い、知っていく過程を、ある種の恋愛関係を「人」と「場所」の間で築いていく行為として捉え、実践、観察、記録していく。そして、鑑賞者がDeptford Marketエリアとの関係性の構築を、任意のペースとやり方で開始するための「入り口」としてそれらの記録が機能するべく、提示、提供する方法をデザインしていく。

提示、提供する方法

展示会場の壁には、Kakinokiおよび鑑賞者が、Deptford Marketエリアとの関係性を構築する物語の始まりが日誌やブログのような形で描かれる。

壁にプリントされたテキスト、テキストの間に挿入されている写真(写真用紙に印刷)、小さなビデオプロジェクション、スピーカーから流れる小さな環境音などによって、壁はデジタル日誌のプロローグを具体化させたものとなる。それは鑑賞者を近くに積まれた物理的な地図(白以外の単色の紙に印刷)へと向かわせ、ひいてはそれぞれのDeptford Marketエリアの旅へと誘う。

同会場でイベント参加者は地図を手に入れることができ、それが参加者であることを示す印となる。

参加者はオンライン(あるいはアプリ、ウェブアプリ)の、日誌的なデジタル資料にアクセスすることができる。

イベントにおいて、Kakinokiの動きは示されているが、同行するかしないかは自由であり、参加者が取るべきルートやスケジュールは示されない。

Kakinokiは対話することのできる資料、あるいは参加者が地域の人々との関係性を築き始めるための媒体として機能する。

意義

  1. 2016年に完成した商業エリアDeptford Market Yardにはスタイリッシュな新しい店が立ち並び、隣りにある、古くからの形を留めるDeptford High Streetとの間に見て取れる強烈なコントラストは、ロンドンで今なお進行中のジェントリフィケーション(都市において、比較的低所得者層の居住地域が再開発や文化的活動などによって活性化し、結果、地価が高騰すること)の象徴である。 地域活性化を目的とする商業的なジェントリフィケーションと、その土地の歴史的文化との共存可能性についてのケーススタディとして、 このエリアの現在進行形の変化を捉える。

  2. 社会的孤独者の増加が問題となっている現代における、伝統的な地縁や血縁とは異なる、オルタナティブなつながりのあり方の探求を、孤独対策の先進国である英国で行う。 2016年に行われた調査では、英国にいる900万人以上の人々が常に、もしくはしばしば「孤独」を感じている。 孤独はすべての年齢層、社会的背景を持った人に影響を及ぼし、孤独状態が慢性化すると、健康に害を及ぼし、人とのコミュニケーションができなくなるところまで追い込まれる。

  3. LGBTQという言葉が広く浸透し、性愛にあらかじめ定められた普通あるいは自然な形というものが存在しなくなった今日でも、 暗黙のうちに了承している性愛規範というものは数多く存在する 。特定のコミュニティ内ではそうした性愛規範に関する議論が盛んな一方で(たとえばポリアモリーのコミュニティにおける単数愛規範についての議論)、コミュニティを跨いで、性愛規範について語り合う機会は限られている。性愛規範の現在と未来について、 より開かれた形で語り合う機会を創出する。

....

....

Related Links [to be updated]

Work-in-progress artist talk at the 30th Multi-Species Anthropology Research Group ‘Is Anthropological “Productology Turn” Possible’? (Rikkyo University, Tokyo)

..

関連リンク(更新予定)

第30回マルチスピーシーズ人類学研究会『人類学の「制作論的転回」は可能か?』にて、ワーク・イン・プログレスのアーティストトーク(東京、立教大学)

….

….

References [to be updated]

Steele, J. (1993). Turning The Tide: The History Of Everyday Deptford. London: Deptford Forum Publishing.

..

参考文献(更新中)

Steele, J. (1993). Turning The Tide: The History Of Everyday Deptford. London: Deptford Forum Publishing.

….