Act: Study Subject: History Topic: _

 

 

Act: Study
Subject: History
Topic: _

....

performance in which fixity and fluidity of history, digital materials and of acts of documenting and recording are explored by improvising the act of studying history, and improvising with the immediate recordings of the act

International Conference on Live Interfaces 2018, Porto, Portugal

14 June 2018

..

歴史を学ぶという行為とその行為を録音したものを即興演奏することによって、歴史、デジタルマテリアル、記録および録音という行為における固定性と流動性を探求するパフォーマンス

International Conference on Live Interfaces 2018(ポルトガル、ポルト)

2018年6月14日

....

....

In this performance, fixity and fluidity of history, digital materials and of acts of documenting and recording will be explored by improvising the act of studying history, and improvising with the immediate recordings of the act. The recorded sounds of reading, writing, squiggling and perhaps occasional mumbling will be fluidified through the author’s physical manipulation. What the author does in the performance can be regarded as learning, examining, organising, disorganising, manipulating or forging both certain history and the act of learning it.

The nature and the poetic sentiment of the act of learning are other inherent elements behind the performance.

Keywords: fluidity, fixity, physical presence, performance, improvisation, history, learning, digital audio, audiovisual, Derivative TouchDesigner, Cycling '74 Max

..

このパフォーマンスは、歴史を学ぶという行為とその行為を録音したものを即興演奏することによって、歴史、デジタルマテリアル、記録および録音という行為における固定性と流動性を探求する。読む音、書く音、なぐり書く音、あるいはひょっとするとぶつぶつ言う音などが、作家の肉体的な介入によって流動化される。このパフォーマンスにおいて作家が行うのは、ある歴史とそれを学ぶ行為を、学び、調べ、編制し、混乱させ、操作し、偽造することである。

学びという行為の本質と詩情もまた、このパフォーマンスに内在する要素である。

キーワード:流動性、固定性、肉体的存在感、パフォーマンス、即興、歴史、学ぶということ、デジタルオーディオ、オーディオビジュアル、Derivative TouchDesigner、Cycling '74 Max

....